クレジットカード現金化とキャッシングの違い

クレジットカードの現金化と度々比較されるものがキャッシングです。お金に関するもののため、どちらも似ている点が少なくありませんが、実際は異なる点もいくつかあります。では、どのような点に違いがあるのでしょうか。

総量規制の影響

総量規制は、年収の3分の1を超える借り入れができない規制のことです。キャッシングは総量規制の影響を受けますが、クレジットカード現金化は規制の対象外になっており、ショッピング枠の範囲内であればいくらでも借りられます。

業者の違い

利用する業者も異なります。キャッシングは主に消費者金融系の業者を使う一方、クレジットカード現金化は専門の業者を利用します。

申し込み書類の違いもある

申し込み書類も異なるので注意しましょう。キャッシングでは収入の証明書類が必要になりますが、クレジットカード現金化はクレジットカードと本人確認書類のみです。収入や所得を証明する書類の提出は求められません。

審査の有無による違い

キャッシングは申込後に所定の審査がありますが、審査に通らなければお金を借りられません。しかし、クレジットカードの現金化は審査が無く、申込内容に間違いがなければ利用できます。審査はクレジットカードを作る時のみです。

返済先の違いも

キャッシングでの返済先は各種消費者金融になりますが、クレジットカード現金化はカード会社へ返済を行います。現金化業者は、あくまでショッピング枠を換金する時に利用するのみとなります。

似ているけど違う

このように、クレジットカードの現金化とキャッシングは異なる点が多数あります。どちらを利用するかは人それぞれですが、総量規制や審査の有無を考えると、現金化のほうが手軽に利用できるでしょう。

関連する記事