クレジットカード現金化で気を付けたいトラブル

クレジットカード現金化は、カードが有れば誰でも利用できるのがメリットです。しかし、トラブルは決してゼロではなく、まれに業者とトラブルになってしまうこともあります。業者選びも重要ですが、どんなトラブルがあるか把握しておくことも大切です。

個人情報が盗まれる

特に気を付けておきたいのが個人情報漏えいです。クレジットカード現金化はインターネットの専門店も多い一方、セキュリティ対策が甘い業者もあります。申込時には個人情報が必要ですが、セキュリティが甘いと外部からの不正によって情報が盗まれるリスクが潜んでいます。

カード番号が外部に漏れ出す

クレジットカード番号が漏洩する場合もあります。外部決済代行を利用している業者なら大丈夫ですが、独自の決済システムを使っている業者の場合、カード番号が漏洩する危険があることに気を付けておきましょう。

いつまでも入金されない

優良なクレジットカード現金化業者は入金スピードも早いですが、1週間経っても入金されないなど、入金が非常に遅い業者もあります。最悪個人情報などを盗まれ、いっさい入金されないトラブルもありますので、業者の信頼性はチェックしておきましょう。

換金率が極端に低くなる

実際の換金率が非常に低くくなるケースもあります。高い換金率でユーザーを集め、個人情報収集を目的としている場合がありますので、業者の評判はチェックが必要になります。

トラブル防止には優良業者を

クレジットカード現金化はトラブルに巻き込まれると、大きなリスクを被るおそれがあります。トラブルを未然に防ぐには、安心して利用できる優良業者を選ぶことが大切です。逆に怪しいと感じた業者は利用を控えたほうが良いでしょう。

関連する記事